企業研修

企業研修

戦略や目標を立てても思い通りの成果が出ない。そんなお悩みはありませんか?

どんな仕事も、最後は人。
現代のような成熟した社会で最後に勝つのは、心の技術をもつ者です。
感性研究所の研修は、人間科学や実践心理学を応用した実践を重視した内容です。
いわゆる良い研修でなく、実践で役立つ研修をとご希望の企業様は、ぜひお申し込みください。

人気お問い合わせ講座を紹介
人をひきつけるための感性プレゼンテーション


(10~17時)


300,000円

詳細ページへ

情報化社会が極まり、今、時代は感性社会の変遷期にあります。たんなる情報通では通用しない。これからは、情報をどう読みとりどう伝えるかというセンスが問われる時代です。
世界の先進企業でさえ、経営者自らがプレゼンテーションをしているという事実からも、いかに感性に訴えるスキルが重要であるかを知ることができます。
本セミナーは、理路整然とした話し方ではなく、いかにして聴衆を惹きつけるか、ということに的を絞った内容です。
セールスやマーケティング部門の担当者、あるいは教育や社会活動等を通じて、人のモチベーションを高める必要のある方などを対象とした実践型プログラムです。

人と共感するコミュニケーション感性をみがく


(10~17時)


300,000円

詳細ページへ

人と気持ちを通わせるコミュニケーションがしたい。あるいは、仕事や私生活で、共感力を高める必要がある、という方を対象としたプログラムです。内容は、感性に特化した実践的なエクササイズが中心です。論理的な話し方ではなく、相手の心を解きほぐす態度や本音を引き出す質問法などを体験的に身に付けるものです。また、セミナーの進め方は、トレーナーからの一方通行ではなく、受講者の創造性を引き出す感性教育の実践スタイルとなります。楽しい実践エクササイズを通じて、受講者自らが気付き、学んだことが一生ものになるようプログラムされています。

感勢力があがれば10倍の効果が得られる


(10~17時)


300,000円

詳細

20~30代 ビジネスパーソンで いずれかを飛躍的に伸ばしたい方が対象。

コミュニケーション能力
感性トレーニングテクニック


(10~17時)


300,000円

詳細ページへ

知識や技術教育の実践者のための実践型セミナーです。感性教育を展開する民間セミナー会社のプレゼンテーション法から、新しいスタイルをつかみ取っていただくことが本セミナーの目的です。実践心理学や人間科学をもとにした、楽しく実践的な内容です。感性教育とは、参加者の気づきを促進する実践型教育のことです。トレーナーが知識を教えるのではなく、受講者の気づきを引き出すコーチング・スタイルが主です。答えのない時代は、自ら答えを創りだす時代です。従来の教育手法に加え、受講者から自由な答えを引き出し、全体の学びに結びつける実践型セミナーの手法を体験してください。今後の教育法に、新たな考え方が生まれるかもしれません。また、感性教育は実践教育ですので、本セミナーも楽しく参加できるものになっています。しなやかな感性で受け止め、実践でしかつかめない学びを得ていただきたいと思います。

使える心理セールス・テクニック


(10~17時)


300,000円

詳細ページへ

人の会話は完ぺきではありません。
私たちの言葉というのはそもそも、歪曲・削除・省略の上になりたっているものなのです。
したがって会話の表面上の言葉だけにとらわれていると、本心がつかめなかったり、こちらの意図が伝わらなかったりということが起きてきます。

実は、表現されている言葉そのもの以外から相手の本心を知るということは、どんなに優れたコンピューターにも出来ないことなのです。

人の本音を知り、心を通わせることは、まさに人にしかできない仕事といえます。
お客様の心理を感じとり、共感し、そしてリードする。
これは、とても高度な感性処理能力であり、そしてまた成熟社会を迎えた現代において、再び注目されている能力なのです

本研修は、うまいセールス・トークを学ぶ研修ではありません。
既にもっている能力に心の技術をプラスすることで業績が上がり、
受講者も成長する。それが本研修の目的です。

プログラムの進め方は、講師から提供されるエクササイズに積極的に参加して、自ら気づきを得るものとなっています。
更に、コーチングの要素をとり入れ、研修で得たリソースを具体的にどのように活かすのかも自ら考え、実践していただきます。

お問い合わせはこちら

過去の企業研修例

研修講師のための感性コミュニケーション
“教える” × “考えさせる”これから必要な感性教育のあり方  [研修]
生活習慣病予防のためのメンタル支援事業
お年寄りの主観的健康観を高める3ヵ年支援  [モデル事業]
使える心理セールス
人間心理を応用したセールス・テクニックを体得[研修]
成幸リーダーズキャンプ
かなえたい夢と、目標を設定し、モチベーションを高める [セミナー]
支社長の意識改革コンサルティング
3ヶ月間で低迷5支社を全国Topに押し上げる  [コンサルティング]
現場セールス・コーチング
営業同行によるコーチング3ヶ月間 [実践研修]
惹きつける感性プレゼンテーション
営業パーソンのための実践プレゼン [研修]
社会人キャリアアップ支援事業
事業オーナーのための感性力向上 3ヶ月間 [シリーズ・セミナー]
若年層のための就職支援]
モチベーション、コミュニケーション、目標設定 [シリーズ・セミナー]

研修企画実施先

住友ゴム工業株式会社 他グループ企業
厚生労働省 健康日本21 モデル事業 メンタル支援プログラム
東京ファイナンシャルプランナ協会株式会社
アサヒ飲料株式会社
近畿ペプシコーラ販売株式会社
株式会社オーネット
綜合警備保障株式会社
独立行政法人 雇用能力開発機構
岐阜県教育改革推進 ・・・他

研修企画プロデュース

・造幣局 ・アーバン銀行 ・南海、阪急など電鉄グループ…他

階層別研修実績

大手結婚情報サービス業向け
対象:支社長 6名 + 個別コンサルティング
内容:意識改革コンサルティング

大手飲料メーカー系販売会社向け
対象:主任及び課長職 20名
内容:セールス企画部門のためのプレゼンテーション

直近の実績

・大手飲料メーカー系販売会社向けプレゼンテーション研修
・大手飲料自動販売機、食品等の販売会社向け 心理セールス研修

人をひきつけるための感性プレゼンテーション

感性プレゼンテーション

情報化社会が極まり、今、時代は感性社会の変遷期にあります。たんなる情報通では通用しない。これからは、情報をどう読みとりどう伝えるかというセンスが問われる時代です。

世界の先進企業でさえ、経営者自らがプレゼンテーションをしているという事実からも、いかに感性に訴えるスキルが重要であるかを知ることができます。

本セミナーは、理路整然とした話し方ではなく、いかにして聴衆を惹きつけるか、ということに的を絞った内容です。

セールスやマーケティング部門の担当者、あるいは教育や社会活動等を通じて、人のモチベーションを高める必要のある方などを対象とした実践型プログラムです。

目的

人を惹きつけ望みの結果を得るためにプレゼンテーション感性力を身に付けることが、本セミナーの目的です。

重要性

モノあまりの時代に選ばれるためには、一方的に伝えるだけではダメです。 お客様に選ばれ、こちらの望む行動をしてもらうためには、相手を知り、相手の感性に訴えかけることが重要なのです。

予告

1・感性社会で勝つための感性力 2・信頼関係をつくる共感コミュニケーション 3・感性に訴えかけるプレゼンテーションの実践

これら3つのテーマに沿って、実践を通じて体得していきます

1・感性社会で勝つための感性力
  • 感性価値創造時代に必要とされる感性発信力とは。共感・創造・表現(講義)
  • 現状を認識する。これまでのプレゼンテーションを振り返る(ディスカッション)
  • キャッチボールで知るコミュニケーションの本質(エクササイズ)
  • ケース・スタディーで学ぶ表現感性力(講義)
  • エレベーター・トーク。目的絞って1分間プレゼン(エクササイズ)
2・信頼関係をつくる共感コミュニケーション
  • 説得ではなく共感の時代(講義)
  • 共感あってのリード(講義)
  • 共感コミュニケーションのコツ。相手の感性を知る(講義)
  • ボディーランゲージで信頼感を演出 (エクササイズ)
  • 表情を豊かにする(エクササイズ)
  • ペースのチューニング(エクササイズ)
  • お客様の本当の欲求を発見する(講義)
  • 本人も気付いていなかったことをも引き出す質問(エクササイズ)
  • 共感ゾーンが可能性を広げる(講義)
  • 話を具体化するコツ(エクササイズ)
3・感性に訴えかけるプレゼンテーションの実践
  • アナウンスで感動できますか? (講義)
  • 頭と心のバランス。頭はクールに心はホットに (講義)
  • 注目度アップの視線の送り方。見せてから相手を見て話す (エクササイズ)
  • 気になる視線の送り方。ジグザグ法 (エクササイズ)
  • 分かりやすい話の組み立て例 (講義)
  • プレゼン構成 (セルフ)
  • プレゼン練習 (ペア)
  • プレン実習 (エクササイズ)
  • 振り返りと今後の実践課題 (エクササイズと講義)
企業研修を申し込む

人と共感するコミュニケーション感性をみがく

コミュニケーション感性をみがく

人と気持ちを通わせるコミュニケーションがしたい。
あるいは、仕事や私生活で、共感力を高める必要がある、という方を対象としたプログラムです。

内容は、感性に特化した実践的なエクササイズが中心です。 論理的な話し方ではなく、相手の心を解きほぐす態度や本音を引き出す質問法などを体験的に身に付けるものです。

また、セミナーの進め方は、トレーナーからの一方通行ではなく、受講者の創造性を引き出す感性教育の実践スタイルとなります。

楽しい実践エクササイズを通じて、受講者自らが気付き、学んだことが一生ものになるようプログラムされています。

受講のポイント

時代は情報社会から感性社会へ。 あらゆる情報の中から、自分は何を選択するのかが問われる時代です。

感性社会は答えのない時代ともいわれます。それは、答えを自分で創造する時代がきていることを意味します。

このような時代の移り変わりとともに、日本人の価値観は、 物質的なものから、より心を満たすことへと変化しています。

感性社会を生きる現代人には、これまで以上に、人の気持ちをくんだり、人と分かち合う、というような共感コミュニケーション能力が必要になってきたといえます。

本プログラムの目的は、受講される方の幸せな成功です。 人間科学やアメリカの実践心理学NLPなどを応用した、楽しみながら身に付く実践的なプログラムとなっています。

1・感性社会と共感コミュニケーションの基本
  • 本当のコミュニケーションとは(ディスカッション)
  • 情報社会から感性社会へ(講義)
  • 感性社会で必要とされる共感コミュニケーション(講義)
  • コミュニケーションの落とし穴(ディスカッション)
  • キャッチ・ボールで体感(エクササイズ)
  • 人と自分は違うもの(エクササイズ)
2・体話コミュニケーション
  • 信頼感は実は、五感でキャッチしている(講義)
  • 信頼されるボディーランゲージ(エクササイズ)
  • 信頼される声やペース合わせ (エクササイズ)
3・会話コミュニケーション
  • 共感する心の秘密(講義)
  • 質問で相手の本音を引き出す エクササイズ)
  • 質問で共感し合う(エクササイズ)
  • フィードバックと実践目標 (ディスカッション)
企業研修を申し込む

感性力が上がれば10倍の成果が得られる

20~30代 ビジネスパーソン

20~30代 ビジネスパーソンで いずれかを飛躍的に伸ばしたい方が対象。

・コミュニケーション能力 ・メンタルコントロール ・目標達成力

受講のポイント

あなたの応援団 「やりたいことを、思いっきりやりたい!」 そのためには、夢を見つけ、夢を叶える感性力が必要になってきます。 そんなあなたを応援するのが、私たちの役割です。

心のエクササイズ感覚 感性研究所は、たんに知識を詰め込むところではありません。 元々もっている、あなた自身の感性を磨く場だと、考えてください。 あくまでも主体的に、エクササイズ感覚で取り組めることを、大切にしています。

また過去10年間、NLPクラスや公的機関のトレーニングで磨きあげてきた、まさに“生”の、実践的リソース(資源)も、おしみなく伝えてまいります。

感性力を伸ばす実践重視の内容。

単に「セミナーよかった」で終わりません。 セミナー時間内に、個々の能力を飛躍的に向上していただきます。

【詳しくはこちら】 http://www.nlpkansei.com/

企業研修を申し込む

民間セミナーに学ぶ感性トレーニングテクニック

知識や技術教育の実践者のための実践型セミナー

知識や技術教育の実践者のための実践型セミナーです。

感性教育を展開する民間セミナー会社のプレゼンテーション法から、新しいスタイルをつかみ取っていただくことが本セミナーの目的です。

実践心理学や人間科学をもとにした、楽しく実践的な内容です。

受講のポイント

感性教育とは、参加者の気づきを促進する実践型教育のことです。トレーナーが知識を教えるのではなく、受講者の気づきを引き出すコーチング・スタイルが主です。

答えのない時代は、自ら答えを創りだす時代です。従来の教育手法に加え、受講者から自由な答えを引き出し、全体の学びに結びつける実践型セミナーの手法を体験してください。今後の教育法に、新たな考え方が生まれるかもしれません。

また、感性教育は実践教育ですので、本セミナーも楽しく参加できるものになっています。しなやかな感性で受け止め、実践でしかつかめない学びを得ていただきたいと思います。

1・感性社会に必要な感性力
  • 情報そのものではなく、情報のとらえ方で差がつく時代
  • 自らが答えを創る時代と教育の在り方
  • 3つの感性能力(共感・創造・表現)
2・答えを引き出す
  • 実践から楽しく学ぶ (エクササイズ)
  • コミュニケーションの授業 (エクササイズ)
  • 自由に答えてもいい環境をつくる (エクササイズ)
3・参加させるプレゼンテーション
  • 上手な話し方ではなく、惹きつけるプレゼン
  • 心の観察と気付きを増幅させる答え方
  • 引き付ける視線と効果的なしぐさ
企業研修を申し込む

民間セミナーに学ぶ感性トレーニングテクニック

目的

人の会話は完ぺきではありません。
私たちの言葉というのはそもそも、歪曲・削除・省略の上になりたっているものなのです。
したがって会話の表面上の言葉だけにとらわれていると、本心がつかめなかったり、
こちらの意図が伝わらなかったりということが起きてきます。

実は、表現されている言葉そのもの以外から相手の本心を知るということは、 どんなに優れたコンピューターにも出来ないことなのです。

人の本音を知り、心を通わせることは、まさに人にしかできない仕事といえます。
お客様の心理を感じとり、共感し、そしてリードする。
これは、とても高度な感性処理能力であり、そしてまた成熟社会を迎えた現代において、

再び注目されている能力なのです

本研修は、うまいセールス・トークを学ぶ研修ではありません。
既にもっている能力に心の技術をプラスすることで業績が上がり、
受講者も成長する。それが本研修の目的です。

プログラムの進め方は、講師から提供されるエクササイズに積極的に参加して、
自ら気づきを得るものとなっています。更に、コーチングの要素をとり入れ、
研修で得たリソースを具体的にどのように活かすのかも自ら考え、実践していただきます。

重要性

モノや情報が溢れる現代においては、企業のスタンスや、商品から得られる価値に、
どれだけ消費者が“共感”出来るかに、成功の鍵が隠されています。
「論理的に伝えたのにお客様に分かってもらえない」、「正しく伝えたのに反応がイマイチ」。
このような課題を解決するためには、
お客様の心のスイッチを押す共感コミュニケーション力を磨くことが重要なのです。

本研修は、人間科学、実践心理NLP、コーチングなどを応用した
講師リードによる受講者主体の実践研修です。

成熟社会は、感性の社会です。本研修で心の技術を習得することが、
他社あるいは他者を大きくリードする強力な武器となります。

予告
1・実践エクササイズ

実践エクササイズを通じて心理テクニックを体得していただきますので、 既にお持ちの実力に、心の技術が上積みされることになります。 研修後半にはシュミレーションも実施します。

2・再現できるリソース

また、個人がもっている成功体験に、理論的な裏付けがされるため、 再現性が生まれ、組織内共通のリソースも高まります。

3・コーチングで促進

そして、コーチングにより具体的な実践課題を自ら発見していただきますので、 長く現場で活かせるという効果が期待できます。

受講のポイント
Ⅰ・感性社会と感性能力

現代は、感性社会への変遷期。感性価値創造が勝つためのキーワード。  
お客様と望む未来を築く共感スキルの本質を知る。

  1. 情報化社会から感性社会へ・・・社会の動きから、これからの仕事を考える (講義)
  2. 現状を認識する・・・現状のコミュニケーションを確認する (講義・ディスカッション)
  3. 目的・目標を決め挑む・・・結果を出す考え方。目的・目標・行動のフレームワーク (講義・エクササイズ)
Ⅱ・共感しリードする感性力

会話から相手の欲求を引き出し、共感を得て、プロとしてリードする。  
感性社会にマッチした、感性スキルを体得する。

  1. 共感力・・・相手の欲求を引き出す。傾聴と共感力 (講義・エクササイズ)
  2. 創造力・・・相手の目標を引き出す。柔軟性と具体化 (講義・エクササイズ)
  3. 影響力・・・相手を動機付けしリードする。動機付けする表現力 (講義・エクササイズ)
Ⅲ・実践と長期目標の設定

学んだことをもとにシュミレーションを行う。  
気づいた事、学んだ事を実践し、目標を達成する。

  1. 実践・・・ケーススタディーと実践エクササイズ (エクササイズ)
  2. 実践計画・・・目的・目標のブラッシュアップと実践計画 (エクササイズ)
  3. 実践宣言・・・今後の目標と、現場での実践計画を発表 ( 講義・発表)

※ 実施に関して 実施に関しては、事前にご要望をうかがったうえで、 最適なプログラムになるよう修正追加を行います。

上記は、1日研修の例ですが、2日あるいは3日、 もしくは3ヶ月間にわたって実施することも可能です。

また集合研修に、同行営業コーチングや、 店舗の感性コンサルティングあるいは定期コーチングなどを組み合わせることも可能です。
まずはお問い合わせください。

企業研修を申し込む